東京都文京区のアゴラ内科クリニック|訪問診療・内科・循環器まで行っている内科クリニック

自律神経外来

自律神経って??

あなたの「なんだか調子悪い」の原因かもしれません。

自律神経について

自律神経という言葉は聞いたことがあるけれども、実際に何だかよくわからないという方が多数だと思います。

自律神経は、「交感神経系」と「副交感神経系」の二種類に大別され、人間の身体は、日中の活動的な時にはアクセルである交感神経が支配し、夜間のリラックスする時にはブレーキである副交感神経が支配するというように、相反する働きを持った二つの自律神経が交互にバランスを取りながら身体の機能を保っているのです。

自律神経の不調は症状が多彩であるため、通常の病院で行える一般的な検査等で調べることは困難です。

その結果として、「自律神経失調症」という病名が付けられ多くの内服薬が処方されることになります。ところが、この内服薬の多くに自律神経の働きを逆に弱めてしまう副作用もあることは、残念ながらあまり強調されていません。

自律神経は、血圧、心拍、体温、消化、排泄など人間の身体の中でとても重要な働きを受け持っています。自律神経が働かなければ私たちは生きていけませんが、この重要な神経であるにも関わらず、24時間ことなく無意識の中で働いてくれているのです。

しかも、秒単位で瞬時に反応してバランスを取りながら大きく動きながら働き続けているので、医療の分野でも捉えどころがなく、具体的に診療ができないフワッとした領域であったのです。健康で病気になりにくくするためには「自律神経のバランスを整える」という言葉が取りざたされていますが、本当にそうでしょうか。

病気になりやすい身体の状態は、大きく二つの自律神経状態にある時が多いことが分かってきました。極端な交感神経と副交感神経のバランスの乱れがある時と、その二つの神経の活動レベルが共に低い場合に病気になりやすいのです。逆に、体調がよく病気になりにくい状態は、交感神経と副交感神経が共に高い状態でバランスよく働いている状態である時と言えます。

そこでさらに重要なのは、バランスを取る速さやバテない持続力まで有していれば申し分ない状態と考えられます。

日中の活動や運動する際や、まさに興奮している時には、アクセルである交感神経が優位となり血管が収縮して血圧と心拍数が上昇します。戦っているので血液も固まりやすくなります。悠長に消化や排泄をしている場合ではありませんね。

この交感神経の活動レベルが異常に高すぎると、身体のあちこちに不調が出やすく何となく起こりうる病気が分かります。食後や眠くなってきた時には、戦いも終わりブレーキ役あるいは癒し役の副交感神経が優位になっています。血圧や心拍数も下がり、消化管の活動が増し、心身ともにリラックスモードに入ります。

ただし、交感神経の活動に比べて極端すぎると血圧や心拍数が下がり過ぎることや、抑うつ傾向に陥ることもあり得ます。交感神経も副交感神経も活動レベルが落ちている場合は、極端な例では死の直前がその状態に近い状態です。いつも元気がなく、やる気が出ず疲れやすい状態で、体調も悪く不安定です。

このように、自律神経の不調は、あらゆる病気の原因の一つでもあり、病気の発症の引き金にもなっていると言えます。変化の激しい日々の生活の中で、交感神経と副交感神経が共に高い状態でバランスよくスピーディに働いてくれる状態がいかに大切であることが理解できると思います。

料金

項目 価格
(税抜)
詳細
自律神経相談(20分) 3,000円 不安や不眠、痛みなど、自律神経のスペシャルドクターがあなたの悩みを緩和、解決します。
自律神経相談(40分) 7,000円

保険適用外の治療となります。

公式SNS

アゴラ内科クリニック

〒113-0034
東京都文京区湯島三丁目34番8号第一天神ビル2階201号

アゴラ内科クリニックでは、外来診療と訪問診療を行っております。
「自分らしく生きたい」という声を笑顔とともにさせえていきます。
アゴラ内科クリニックがあなたの体調、ご希望に合わせたオリジナル点滴・注射をご用意しております。
疲労回復・美肌効果・肝機能強化・アンチエイジング効果・アレルギー疾患・喘息・疲労・不安や落ち込み・不眠など外来診療から訪問診療まで行えますので、まずは当院までご連絡・ご相談ください。

(c)2019 東京都文京区のアゴラ内科クリニック

お問い合わせ

ページの先頭へ